女性が喜ぶ美容成分

女性が喜ぶ美容成分

美容成分ハイドロキノンとは

白く透明感のある肌は女性が理想とするところです。
しみやそばかすがない美しい白い肌を保つためには、美白ケアが効果的です。
白い肌の大敵になるものは紫外線です。
紫外線が皮膚にあたると防御反応によりチロシナーゼという酵素がメラニン色素を作りだし皮膚に沈着させ日焼けが起こします。
皮膚の表面を日焼けさせることによって紫外線の侵入を防ごうとしているのです。
また、紫外線を長期間浴びているとメラニン色素が不均一に沈着を起こします。
これがしみです。
しみがあると老けて見えやすいので損をしてしまいます。
日焼けやしみを改善するには美白ケアに効く美容成分を配合した化粧品で手入れをするのがおすすめです。
基本的に美白ケア製品というのは、できてしまったしみを消すというよりも、チロシナーゼがメラニン色素を増やさないようにはたらきを抑制する仕組みで作られています。
美白成分でおなじみのものはアルプチン、コウジ酸、ビタミンCがあげられます。
近年、注目を浴びている新しい美白成分にはハイドロキノンがあります。
ハイドロキノンはチロシナーゼのはたらきを抑制してメラニン色素の生成を防ぐ作用のほか、できてしまったシミにも大きな効果があるとされています。
ハイドロキノンにはアルプチンの約100倍の美白効果があるともいわれており、高い漂白効果が期待されているものです。
医薬部外品として利用されているほかは、写真の現像の還元剤にも利用されています。
美白剤としてはハイドロキノン配合の軟膏やクリームが皮膚科で処方されています。
また、化粧品メーカーからも美白用の美容液などにハイドロキノン配合の製品が出ています。
顔の美白だけでなく体の気になる部分の黒ずみやくすみの改善を目的とする化粧品も出ています。
ハイドロキノンは漂白効果が高いだけに肌への刺激が強く、以前は医師の処方がなければ使用できない成分でした。
現在は規制緩和により化粧品に配合することが許されていますが、使用する際には気をつけなければならないことがあります。
ハイドロキノンの副作用には肌のかぶれ、刺激感のほか、酸化しやすいので紫外線を浴びると変質して色素沈着が起こりやすいという点があります。
そのため、ハイドロキノン配合の美容液をつける時には紫外線カット剤を併用して紫外線を浴びないようにすることが大切です。
化粧品を選ぶ時は、安心できる品質のものを選び、正しい方法で使わなければなりません。
もし使用時に異常を感じたらすぐに使用をやめ、医師に相談するのがおすすめです。

注目情報

Copyright (C)2017女性が喜ぶ美容成分.All rights reserved.